コスモテック被害対策弁護団


■ シャープファイナンスに対する集団訴訟提起のご報告

平成27年6月11日

コスモテック被害対策弁護団

団長 弁護士 瀬戸 和宏

 

1 当弁護団は,本日,シャープファイナンス株式会社を被告として集団訴訟を提起いたしましたので,その旨ご報告いたします。

なお,訴訟の概要は下記のとおりです。

東京地方裁判所民事第23部 平成27年(ワ)第16088号 損害賠償等請求事件

原告:70組(連帯保証人を含め93名・社)

訴額:6億8284万6201円

請求の内容:①コスモテック社破綻後やむを得ず自己負担した既払リース料相当額の損害賠償,②残リース料債務の不存在確認

 

2 問合せ先は次のとおりです。

〒107-0052 東京都港区赤坂3-2-12 赤坂ノアビル8階

あかつき総合法律事務所

電 話 03-5574-7791  FAX 03-5574-7792

弁護士 大 塚  陵

(平成27年6月16日掲載)

 

■ 被害相談の受付窓口

Tel 03-5574-7791 Fax 03-5574-7792
〒107-0052
東京都港区赤坂3-2-12 赤坂ノアビル8階
あかつき総合法律事務所
大塚 陵

 

■ 事案の概要

本件は,コスモテック特許情報システム株式会社による提携リース被害の事案です。
コスモテック社は,いわゆる提携リースを利用して,自社の特許管理ソフトウェア等を販売していたところ,その勧誘の際,「完全モニター」などと称して,リース料と同額の金員を顧客(主として弁理士)に支払うことを約束するなどしていました。
ところが,コスモテック社は,平成26年9月ころ,上記金員の支払ができなくなり,同年11月18日,東京地裁より破産手続開始決定を受けました。
リース契約をした顧客に多額のリース料の負担のみが残されているというのが本件です。

 

■ 弁護団の活動方針

当弁護団では,リース会社に対する信用情報登録申請停止に向けた交渉,及びリース料債務の減免交渉・訴訟等のほか,コスモテック社の破産手続への関与,同社の役員に対する責任追及等の活動を予定しています。


2015/06/16更新